--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 12. 21  
『立教大学日文ニュース』第21号が刊行されましたので、目次を掲載いたします。

〈連載・私の卒業論文⑧〉 私の卒業論文/関 礼子(中央大学文学部教授)
近況/佐藤 善也(本学名誉教授)
日文六十周年に寄せて―野口定男先生のこと―/平山 城児(本学名誉教授)
日文六十周年に寄せて―思いの漂うままに―/守屋 省吾(本学名誉教授)
研究休暇を終えて/沖森 卓也(本学教授)
安芸国だより/高松 亮太(県立広島大学)
新入生歓迎文学散歩―佐倉市・国立歴史民俗博物館へ―/鈴木 彰(本学教授)
編集後記

『立教大学 日文ニュース』は、立教大学日本文学会の会員の方にお送りしているものです。
入会ご希望の方は、入会案内をご覧ください。

スポンサーサイト
2016. 10. 19  
立教大学文学部日本文学科/文学科日本文学専修設立60周年記念国際シンポジウムⅡ
環流/貫流する日本文学――十七世紀の文学圏――

日時:2016年11月5日(土)13:30~17:30(受付開始13:00)
            6日(日) 9:00~18:30(受付開始 8:30)

会場:立教大学池袋キャンパス8号館8201教室

プログラム・講師略歴等、詳しくは立教大学のHPをご参照ください。
1日目はこちら
2日目はこちら
チラシのダウンロードはこちら

笠間書院さんのHPでも紹介していただいています。→こちら

予約不要、入場無料ですので、奮ってご参加ください。

2016. 06. 08  
2016年度の立教大学日本文学会大会のお知らせです。
今年度は学会が設立されて60周年の節目にあたりますので、皆様お誘いあわせの上、ご参加くださいませ。

期日:2016年7月2日(土)※13:00受付開始
会場:立教大学池袋キャンパス 5号館5321教室

◇研究発表 13:30~
安部公房「R62号の発明」論/安尾太一(後期課程1年)
大正中期における菊地寛の受容―戯曲(化)という経路―/影山亮(後期課程4年)
接頭性字音語基「全―」と「総―」の関係について/曹佳楽(前期課程2年)
「音韻」という語の意味/阿久津智(拓殖大学教授)

◇講演 16:30~17:30
加藤定彦氏(本学名誉教授)
 「伝統と変革と―立教大学で送った35年―」

◇総会 17:30~

◇懇親会 18:00~20:00
  於 レストラン・アイビー(会費:一般3,000円、学生1,500円)

【お問い合わせ】
 立教大学日本文学会
 ℡:03-3985-2505(サポートセンター内、水曜13時~17時)

2016. 05. 04  
今年度は、立教大学日本文学科/専修、及び、日本文学会が設立されて60年目にあたります。
この節目の年に3つのイベントを予定しておりますので、お知らせいたします。

まずは、6月12日(日)開催の国際シンポジウムです。
「戦後の東アジアにおける日本語文学 移動・交流・支配」というテーマで、世界各地の先生方をお招きして盛大に行われる予定です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

次に、7月2日(土)開催の学会大会です。
こちらは、毎年行われているものですが、今年度は60周年記念ということで、名誉教授の加藤定彦先生の講演会も予定されています。

また、11月5日(土)と6日(日)には、古典の分野を中心とした国際シンポジウムも開催されます。

いずれも、詳細は決まり次第このサイトでお知らせして参ります。
2016. 05. 04  
立教大学文学部日本文学科/専修 設立60周年記念国際シンポジウム
「戦後の東アジアにおける日本語文学 移動・交流・支配」

期日:2016年6月12日(日)
会場:立教大学太刀川記念館3F多目的ホール(立教大学池袋キャンパス内)
開会:13:00(受付開始12:30)
参加費:無料(どなたでもご参加いただけます)


***プログラム***

趣旨説明
立教大学 石川巧

13:10~14:00 第1部 基調講演
「主体的技術としての翻訳――人文学の宿命について」
米国・コーネル大学 酒井直樹

14:10~16:40 第2部 シンポジウム
(1)「戦後、植民地日本語文学をめぐる日・韓文学史の記憶」
韓国・高麗大学 鄭炳浩
(2)「トラベル・ライティングと中国表象――阿部知二の旅行記をめぐって」
中国・清華大学 王成
(3)「現代日本作家と中国・中国語」
台湾・東海大学 笹沼俊暁
(4)「アメリカの想起と隠蔽――沖縄文学における「ペリー来航」表象をめぐって」
日本・琉球大学 新城郁夫

16:50~18:30 集中討論
ディスカッサント
日本・国際日本文化研究センター 坪井秀人
コメンテーター
立教大学 金子明雄、立教大学 林淑美
司会
立教大学 石川巧


主催:立教大学日本文学会
共催:立教大学日本学研究所

お問い合わせはtakumi@rikkyo.ac.jp(@を小文字に直してください)までお願いいたします。

ふるってご参加ください。
プロフィール

立教大学日本文学会

Author:立教大学日本文学会
ご不明な点がございましたら、下記の連絡先までよろしくお願い申しあげます。

Address
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学サポートセンター内 立教大学日本文学会

Mail
nichibun■rikkyo.ac.jp
(■を@に変換して下さい。)

Tel
◎サポートセンター
03-3985-2505
(水曜日13時~17時)
○学部事務一課事務室日文担当
03-3985-2500
(9時~17時)

なお、入会ご希望の方は入会案内をご参照ください。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。